読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noto色スポット「曽福家」

何かと忙しくこちらでのUPが遅くなりました(笑)

「のとキリシマツツジ」深紅の季節がやってきました。開花の早い「穴水」の2か所見てきました。花びらの色は深紅色のほかに薄赤色や赤紫色があり、花びらの形も一重咲き、二重咲きなど6種類ほど確認されており、「谷を一つ越えると違いがある」といわれている。



【撮影場 穴水曽福家:2017年05月05日 PENTAX K-3

この記事は、「金沢おもしろ発掘」にUPした記事を写真と記事を再編集UPしてます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ
にほんブログ村

来迎寺菊桜

珍しい菊咲きの山桜を一度は見たいと訪れました。「来迎寺」814年の創始と伝えられる古刹で、寺には室町から江戸時代にかけて建てられた本堂などがあり、阿弥陀如来不動明王像などの仏像を多く所持しているそうです。(笑)

【撮影場 穴水町来迎寺:2017年05月05日 PENTAX K-3】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ
にほんブログ村

【石川県HP引用】ヤマザクラ系菊咲き品種。ケタノシロキクザクラに比し、花葉増員、花托隆起、雄ずいの不稔化、弁化、雌ずいの葉化、さらに弁化の傾向が最も進んでいる。花色はヒウチダニキクザクラと同じく、花のつぼみのときは濃桃色であるが花弁が伸長しきると淡色になる。二段咲きが普通で、外輪花が開いたあと内輪花葉を伸長せしめ、各花弁ははじめ濃色であるが満開になるにしたがい淡くなる。花径3.5~(3.82)~4.5cmは、この類で最も大きく、華やかである。がく片は内外ともに5片あるが、内側のものは弁化の傾向がある。花弁は160~340、雄ずいは80~45、雌ずいは2~5、花員総数は150~380、隆起花托外周部には緑色で小きょ歯のあるがく様の花葉5枚をつけることも多いが、この傾向はヒウチダニキクザクラにもみられる。この樹は長谷部信連の手植えと伝えられ、現存は枯死した株よりの傍芽5幹である。

のとキリシマツツジフェスティバル

のとキリシマツツジフェスティバルinのと里山空港へ行ってきました。今年も2株ゲットし咲いてくれるを楽しみにしてます。「のとキリシマツツジ」のオープンガーデンも見ごろを迎えてます(笑)

【撮影場 のと里山空港:2017年05月05日 E-PL6】

そのあとに「穴水駅」で能登牛のコロッケカレー食べました(笑)


【撮影場 穴水駅:2017年05月05日 E-PL6】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ
にほんブログ村

【のとキリシマツツジの里引用】能登半島キリシマツツジの日本一の集積地です。樹齢百年以上の古木が500本以上点在しています。ツツジの研究者も驚いた木の大きさと品種の多さ。中でも樹齢三百年以上の大木は山のような存在感で初めて見る人を圧倒します。満開を見て心が動かない人はいないと思います。

印象的な『深紅』の花色。人の心を魅了する「赤」。写真では決して再現できない赤。枝先に咲く花が葉を覆い隠すので木全体が紅一色の半球形になります。色違いや変異も含め7品種3系統が確認されています。