禄剛埼灯台

「奥能登国際芸術祭」を家内と見に行き、久しぶりに登りました(笑)

「奥能登国際芸術祭」も後1週間です。会期2017年9月3日(日)~10月22日(日)までの50日間行われます。是非、見に来てください。

PA010125

PA010128

PA010127

PA010119

PA010118

PA010117

PA010114

【撮影場所 珠洲市禄剛埼灯台:2017年10月01日 E-PL6】

【ウィキペディア引用】禄剛埼灯台(ろっこうさきとうだい)は、石川県珠洲市に位置する灯台。歴史的・文化的価値の高さから、Aランクの保存灯台に指定されているほか、「日本の灯台50選」にも選ばれている。通常の灯台は、レンズを回転させることにより光を点滅させるが、この灯台では、レンズを固定し灯火の遮蔽板(しゃへいばん)を回転させることによって点滅させている。
周辺は、能登半島国定公園に指定されている風光明媚の地である。海抜 50 m ほどの断崖絶壁が続き、崖下には「千畳敷」と呼ばれる海食棚が発達する。

奥能登国際芸術祭2017

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

奥能登国際芸術祭「触生—原初—」

展示場の「土蔵」も見る価値あります(笑)

「奥能登国際芸術祭」も後2週間です。会期2017年9月3日(日)~10月22日(日)までの50日間行われます。是非、見に来てください。

IMGP5403

IMGP5400

IMGP5398

奥能登は、長い時間にわたって漆文化が引き継がれる地域である。珠洲に隣接する輪島は、漆の産地として名高い。一貫して漆と向き合ってきた作家は、漆の物質感から喚起される皮膜性、皮膚感、触覚性を通して、生命の根源や生成に関わる原初的な記憶、無意識の領域に訴える作品を構想する。【奥能登国際芸術祭HP引用】

IMGP5411

IMGP5413

IMGP5405

IMGP5404

IMGP5399

IMGP5396

【撮影場所 珠洲市直地区 西中町の蔵:2017年09月09日 PENTAX K-3】

田中信行 | アーティスト | 奥能登国際芸術祭2017

奥能登国産芸術のお知らせ、10月22日まで残りわずか(笑)

【作品No.2 村尾かずこ】サザエDay(10月14日) | お知らせ | 奥能登国際芸術祭2017

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

白米千枚田「あぜのきらめき」

白米千枚田では平成29年10月8日(日)から平成30年3月11日(日)にかけて大規模なイルミネーションイベント「あぜのきらめき」が開催されます(笑)

PA010013

PA010018

PA010011

PA010015

PA010019

PA010022

PA010023

【撮影場所 白米千枚田:2017年10月01日 E-PL6】

奥能登国際芸術祭は、10月22日(日)までやってます。

奥能登国際芸術祭「Silhouett Factory」 - 金沢おもしろ発掘

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村