真脇遺跡

「巨大な彫刻柱」は圧巻です。1982年からの発掘調査で発見されたので、私が知ってる限り廃線となった「のと鉄道」の駅から見える風景は、「田んぼ」でした(笑)

IMGP3351

IMGP3352

IMGP3353

IMGP3343

IMGP3344

IMGP3356

IMGP3338

IMGP3341

【撮影場所 鳳珠郡能登町字真脇:2018年05月26日 PENTAX K-3】

【ウィキペディア引用】真脇遺跡(まわきいせき)は、石川県鳳珠郡能登町字真脇にある縄文時代前期から晩期にいたる集落跡の遺跡である。真脇遺跡は能登半島の先端から少し内海に入ったところにある入江の奥に位置する。用水路工事に伴う1982 - 1983年にかけて行われた発掘調査により発見された。遺跡は入江奥の沖積低地の遺物包含層の、最近の水田の土地の約1メートル下にあって、そこから約3メートル下に亙って遺跡の含まれる層が年代順に層を成していた。そこから発掘される史料なども豊富であるため、「考古学の教科書」などとも呼ばれる。約6000年前から約2000年前まで、採集・漁撈の生活を営む集落があったものと考えられている。発掘で出土した厚く堆積した300体を超える大量のイルカの骨や、長さ2.5メートルもある巨大な彫刻柱、土偶、埋葬人骨、厳つい風貌の土面は後期に属する日本最古の仮面、整然とした土層などが話題を呼んだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ
にほんブログ村

能登峨山キリシマの郷

この日も雨でしたが、「能登峨山キリシマ」展示即売会へ行ってきました。毎年、5月のゴールデンウィークの次の週の金、土、日曜日に行われており、今年は3株購入しました。来年は、深紅の花が咲くと期待してます(笑) 

IMGP2911

IMGP2904

IMGP2898

IMGP2908

IMGP2915

IMGP2928

IMGP2938

IMGP2930

IMGP2929

【撮影場所 穴水町字上中:2018年05月13日 PENTAX K-3】

この記事は、「金沢おもしろ発掘」にUPした記事を編集UPしてます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ
にほんブログ村

オープンガーデン続「地福院」

前回に引き続き、「のとキリシマツツジ」の古木と穴水湾が一望できる高台にあり、絶景の風景がお気に入りの場所です(笑)

IMGP2428

IMGP2389

IMGP2391

IMGP2395

IMGP2412

IMGP2417

IMGP2423

IMGP2435

【撮影場所  穴水町中井:2018年05月05日 PENTAX K-3】

のとキリシマツツジの記事は、「金沢おもしろ発掘」にもUPしてます

のとキリシマツツジ第2弾(速報その2) - 金沢おもしろ発掘

【ほっと石川旅ねっと引用】中居八景を見下す景勝地にあり、もとは海星山・皇帝寺と号しましたが、後に瑞鳳山地福院と改めました。本尊「弥勒菩薩坐像」と「両頭愛染明王」は町指定文化財です。 境内にある羅漢樹は、樹齢750年、樹高12メートル、根周り4.2メートル、枝分かれの高さ3.9メートルで、県内最大級です。1963(昭和38)年9月20日町天然記念物に指定されました。往時がしのばれ、訪れた人々を優しく迎えてくれます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ
にほんブログ村